歯列矯正で得られる

歯科矯正を行うメリットとは何か

歯科矯正というと、小学校や中学校などの子どもが行うイメージがあります。しかしながら、近年では40代から50代の大人が歯科矯正治療を始めるようになっています。大人の場合は、歯周病で炎症があると治療が難しいケースもあります。しかし、これらの症状を改善すれば、歯科矯正はいつでも行うことができます。 歯科矯正を行うと、色々なメリットがあります。一番は、自分の笑顔に自信が持てることです。歯並びが悪いと、どうしてもコンプレックスから口元を手で隠して笑う方が多いです。しかし、そのようなことをしなくても思いっきり笑うことができます。 まあ、虫歯、歯周病になりにくくなります。歯並びが悪いと、きちんと細かいところまで歯ブラシで磨くことができないです。ですが、矯正治療では並びをよくすれば、しっかりと磨いて虫歯を防げます。

大人が矯正治療を行うときの注意点

大人の方が歯並びをよくするために歯科矯正を行う時は、いくつかの注意点があります。それは、矯正装置に違和感があることを覚悟する必要があります。矯正装置をつけると、最初は口の中の違和感や話にづらさ、食事時の食べにくさを感じるケースが多いです。子どもの場合は、適応能力が高いので早いうちに慣れていきます。しかし、大人の場合は、子どもと比べると慣れるのに多くの時間がかかると考えられます。 また、大人の治療では現在従事している仕事への影響も考慮する必要があります。たとえば、教職などの人前に立つ仕事の場合、授業をしている時に装置が目立ったり、話しにくさを感じることになります。よって、仕事に支障をきたすことになります。上記のことをきちんと考慮して、治療を受ける事が大切です。